私が家を買わない3つの理由

住宅は「購入」または「賃貸」のどちらが良いのか。

相談にお見えになるお客様の疑問の中で、
最も多いのがこの悩みです。

間もなくアラフィフ世代に突入する私ですが、
今まで一度も家を購入したことはありません。
そして、今後も買う予定はありません。
しかし、それが正解ということではないのです。

今回は、なぜ私が家を買わないのかをお話していきますね。

 

1.なんと言っても、住み替えの自由度が高いから

第一の理由は、住み替えの自由度が高いからです。

子供が生まれて、家族の人数が多い時には
それなりの部屋数と広さが必要になりますので、
それに応じた家に住みます。

そして、子供が就職して実家を出たら広い家は不要になるので、
こじんまりした家に引っ越す。そんな流れが理想的です。

つまり、家族の人数に合わせて住まいを変えていくのです。

いつまでも部屋数のある家に住み続けていると、掃除の手間が
かかりますし、モノも溜まりやすい。

加えて子供から寄生され続けそうなので、我が子が就職したら
さっさと狭い家に引っ越すつもりです。

子供を経済的・精神的に自律させるために、実家の居心地を
悪くする作戦、というわけす。

その他にも、賃貸住宅はすぐに引っ越せるメリットが
たくさんあります。

・近所で騒音やゴミ屋敷などのトラブルが発生した。
→相手が話し合いに応じてくれず、騒音問題は未解決。

・子供が学校でいじめに遭った。

・配偶者が転勤になり、会社が遠くなってしまって
今の家では通勤時間がかかりすぎる。

このような場合に、思い立ったら引っ越しができるというわけです。
これは、家を購入してしまうと容易なことではありません。

「持たない」ということは、柔軟性に富む上に自由度が高いのです。

 

2.親が亡くなった後、子供がラク

次に、賃貸は管理がほぼ不要な点です。
自分のものではないので、不要になった時に売却の
手間もありません。老朽化によるリフォーム代も
発生しません。

親が亡くなると、子供はその自宅を引き継ぐか売却するかの
選択をしなくてはなりません。

その時にもし、子供が遠く離れた場所に住んでいたらどうでしょう。
日本国内ならまだしも、外国に住んでいる可能性もあります。

親の死後、子供に与えるであろう手間が増えることを予測すると、
どうにも家を買う気になれないのです。

子供は、親が想像している以上に、親や故郷のことを思ってくれています。
知らず知らずのうちに家が子供の足かせになってしまい、ひょっとしたら
子供が広い外の世界へ目を向ける機会を失っているかもしれません。

「自宅は資産になるから、子供に残してあげることができる」と
言う声も聞こえますが、老朽化した自分の家に相応の価値がある、と
胸を張って言える人はどれくらいいるのでしょうか。

現在、日本では増え続ける空き家が深刻な社会問題になっています。
売りたくても売れない、タダでも引き取ってもらえない不動産が
全国のあちこちに存在しているのです。

もし財産を子供に残してあげたいのなら、簡単に売れない不動産よりも
現金がベターだと私は思います。

 

3.新しいことが好き

そして3つ目の理由は「新しいこと、変化が好き」だからです。
元来飽きっぽい私は、同じ場所に住み続けることが苦手です。

次はあの町に住もうか、と想像するだけで胸が躍ります。

同じ場所に留まり続けると、水はよどみます。

気が付かないうちに視野や交際範囲が狭くなってしまう
こともあるのではないでしょうか。

もちろん、同じ場所に住み続けること、住み慣れた街を
愛する気持ちの尊さもきちんと理解しています。
変わらないことは、心の安定に繋がりますから。

それでも、常に新しい世界に飛び出すこと。
異なる環境を求めて住まいを変えることは、
人生をより豊かに、新鮮で刺激的なものにしてくれます。

そして、その価値観は子供にも良い影響を与えると
考えています。

変化や刺激の無い生活では、イノベーションは
起きにくいのはないでしょうか。

 

まとめ

住宅に関しては、「購入」または「賃貸」のどちらにも
正解はありません。

世界は、もうとっくに「多様な生き方」が当たり前になっています。

私の個人的な意見は、「家」に縛られることなく、いつでも
住環境を変えられる賃貸住宅生活を送った方が、親子ともに
自由度が増す上に気がラクなのではないか、ということです。

先日、年上(アラ還)の知人男性がこう話していました。
「この年になってようやく、家が無用の長物だと分かったよ」と。

それぞれの不変的な価値観や、家族と子供の未来まで見据えた時に、
どちらの選択が自分たちにとって最善か、ということに
なるのではないでしょうか。

page top